日 誌


2004年1月A

1月@へ 1月Bへ
『壊せ! こんな国は。』 『愛国心なんて…』
『私たちが望むもの…イラクに自衛隊が行かないこと』
3曲 1000円
 詳しくは、ここです


1月13日(火) 日誌
三多摩労組交流センターの旗開き
この日は夜に、ライブ依頼が重なり、早めに唄わせてもらいました。
創作・紅芋ゼリー  数々の料理と… 美味しそうな日本酒もあるでよう
『壊せ! こんな国は。』 『愛国心なんて…』『私たちが望むもの…イラクに自衛隊が行かないこと』2004年の闘いに向けた僕たちの決意の3曲を唄う。アンコールで「介護保っ険」
 ヨッシーと田中哲朗さん   CDコーナー。続々と売れました。
カンパも頂きました (^_^)v
全国連・杉並支部の旗開き
途中で抜け出して、中央線に飛び乗って杉並へ急ぐ…
ここでも、『壊せ! こんな国は。』 『愛国心なんて…』『私たちが望むもの…イラクに自衛隊が行かないこと』
2004年の闘いに向けた僕たちの決意の3曲を唄う。アンコールは「命の海」
「ヨッシーとジュゴンの家」が前に出て、ヨーコちゃんは「ジュゴンの家」のことを、
フッ君は杉並店のこと、
アリちゃんは二年前、杉並支部の人に北富士に連れて行ってもらったこと、 チューやんは賛助会員、「街」店頭での狭山紙芝居のこと、 ヨーコちゃんが新しいCDの宣伝をしました
空自派兵阻止!小牧行動の方針
北海道、小牧に全力結集して抗議の嵐を!
陸自先遣隊と空自本隊への派遣命令弾劾!
イラク侵略出兵を許すな!
1月15日 陸自先遣隊 出兵予定
1月22日 空自本隊 出兵予定

《小牧現地闘争のお知らせ》
1月17日 イラク派兵反対!小牧基地「人間の鎖」共同行動
12時 小牧基地ゲ−ト前集合(名鉄小牧線牛山駅)
*怒りの広場グル−プは11時栄小公園に集合

1月18日〜21日 12時〜16時 イラク出兵を中止せよ!小牧基地前連続座り込み行動
とめよう戦争への道愛知連絡会/怒りの広場実行委員会、ほか

1月22日 イラク侵略出兵を許すな!小牧現地闘争
8:30 エアフロントオアシス 集合
*名鉄小牧線味美(あじよし)歩5分
8:40 決起集会
9:00  小牧基地へ向けてデモ出発
主催  とめよう戦争への道!愛知連絡会/とめよう戦争への道!百万人署名運動全国事務局

1月26日 C130輸送機の出兵を許すな!小牧基地闘争(予定)

* 政府は出兵の日時を報道管制していますが、1/10共同通信および1/10中日新聞によれば、1月22日小牧基地から本隊150人が政府専用機で出兵、1月26日C130輸送機3機が出兵、と報道されています。出兵の時間は報道されていません。現地ではこの情報を基にして緊急に上の方針を立てました。今後、臨機応変に変更することがありうるということをご了承ください。
以上
04年1月12日
とめよう戦争への道愛知連絡会
連絡先  瀬戸市品野町3−145 桐村方
Tel&Fax 0561−42−0894
PHS    090−8131−7849
Email kiri.001@sweet.ocn.ne.jp

 1月10日(土) 第27回 土曜 辺野古浜集会    沖縄・名護「ジュゴンの家」日誌より転載
篠原さんと一緒にうららちゃんが参加
辺野古の浜で12月21日に行なわれた集会の写真。米兵が、赤いリボンを結んだ鉄条網の向こうから見ている 今日の参加者は24名。宜野湾から又吉さん・国政さん・島田ハルさんも来ていた
安次富さん
辺野古のリーフ周辺に、大きなテーブルサンゴがあることが確認されました。作業場として埋め立ての計画が出た大浦湾にも、深くなっている所に凄いサンゴ群があることを発見しました。
平良夏芽さん
晋くん。木曜・金曜の辺野古緊急連絡について。「あの作業は金武の漁協の作業だったということで、皆さんお騒がせしました。しかし今後もこういったことがあるたびに、メール・電話などで情報が流れますので、みなさんよろしくお願いします。」
大城ヨシタミさん。名護市長・岸本建男氏を選挙違反で訴える話。
ボーリング調査に関する資料を作ってきてくれた吉川さん ヨシタミさん・吉川さんが持ってきた写真・資料をまわして見る。先週、希望者で行ってきた恩納村「象のオリ」建設地の写真もあった
店のお客さんが書いたメッセージもしっかりと鉄条網に結びました
浜集会の後、希望者数名が、国頭の米軍ヘリパッドが見渡せる場所に出かけていきました。

<普天間代替>大浦湾でサンゴ群生確認

群生するユビエダハマサンゴ=9日、名護市の大浦湾海域(水深約6メートル)、写真部・花城太、冨田恭裕撮影

 【名護】米軍普天間飛行場代替施設を名護市辺野古沖に建設する計画で、一部埋め立てて作業ヤードを造る案が浮上している大浦湾で、琉球新報は10日までに、周辺海域の一部にユビエダハマサンゴが群生しているのを確認した。専門家は「内湾部での群生は珍しい」「大浦湾はさまざまな環境系列が見られる面白い場所」と周辺環境の特性を評価した。海域には魚も多く回遊し、豊かな海が広がっていた。

 サンゴに詳しい南山大学の目崎茂和教授は「比較的強いサンゴだが、この10年で大群生は減少した。水深や潮通しなど好条件のためか元気に生き残っている。赤土が堆積(たいせき)しやすい内湾部での群生は珍しい」と評価。「内湾部は微妙な変化で環境が左右される。周辺を埋め立てた場合は、サンゴに影響が出るだろう」とみている。

 さんご礁などの生態学を専門とする名桜大学の西平守孝教授は、「大浦湾は大浦川のマングローブ湿地から外洋にかけて、さまざまな環境系列が見られる面白い場所。また西海岸は自然海岸が残る場所だ」と語った。

 昨年末に大浦湾でサンゴを撮影した名護市の西平伸さん(47)は「数年前に白化現象で死にかけていたサンゴが回復し、新しいサンゴも成長している」と話した。11日には周辺住民の有志が観察会を行うほか、平和団体がサンゴの状態を確認する予定だ。

 国は同施設建設に必要な資材などを製作・保管する作業ヤードとして、同湾西岸海域で約31ヘクタールを埋め立てる案を検討している段階で、具体的な位置などは未定だ。

1・17−18 吉祥寺→アメリカ大使館 ロングピースウォーク
嶋やんです。
(BCCでお送りしています)
ロングPWの第一次チラシを添付します。
WORDファイルです。

フォントがあわず、ずれている部分もあるかもしれませんが、
加工してプリントアウト・印刷・配布してください。

┏━行くな、死ぬな、殺すな、自衛隊●各地の行動に参加を!    ━┓
┠──三多摩から官邸へ!ロングローング ピースウオーク──    ┨ 
┃17日(土)10時、立川発、18日(日)9時半、吉祥寺発┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┛

*****************************************
嶋崎英治・三鷹市議会議員 
◆無所属・市民派<憲法9条の人>
◆市民自治をめざす三多摩議員ネット
ホームページ:http://www.parkcity.ne.jp/~shimayan/
E-メール:mailto:shimayan@parkcity.ne.jp
I-モード:mailto:
   
 三鷹市新川5−18−11
 電話090−3082−2640
 Fax 0422−46−3665
*****************************************


2004年
1月17日(土)・18日(日)
ロングピースウォーク

1日目 10:00立川・曙1丁目公園(JR立川駅)スタート
       →吉祥寺・井の頭公園

2日目 9:30 吉祥寺・井の頭公園(JR・吉祥寺駅)スタート
       →首相官邸(申し入れ行動)

18Km×2日間!
ロングピースウォークは駅〜次の駅の間だけでもOK!
当日の進行状況は、下記連絡先(携帯電話)までお問い合わせください。


吉祥寺→アメリカ大使館 ロングピースウォーク(2003年3月30日)

NO!イラクへの自衛隊派兵!ロングピースウォーク実行委員会
呼びかけ:市民自治をめざす三多摩議員ネットワーク
090-4678-5400 大沢ゆたか(立川市)
090-1542-8911 門間ひで子(羽村市)
090-4937-4596 重松 朋宏(国立市)
NO! 自衛隊のイラク派兵
三多摩から官邸へ
全国から官邸へ

1.17~18
ロングロ?ング
ピースウォーク

1月12日(月) 日誌

「街」はほとんどの人が風邪をダウン中 (-_-;)
トップバナー
http://cgi.f26.aaacafe.ne.jp/~actone/index.php より転載

たくさんのご参加ありがとうございました。

1800人が日比谷公会堂に集結しました。全国各地に12000人がこのアクションに参加しました。

 黒田征太郎さんのパフォーマンス

 皆ダウンしているので、僕(ヨッシー)とタカちゃんの2人で参加。
デモは東京駅の近くの公園まで僕がコールをしました。
「楽しかったわ、ありがとう」といわれチョコレートをいただきました。

10日の「街」
 お土産にもらったので、洋平君・タカちゃんが被ってみました
 差入れの野沢菜  自然村さんです  昼食はハーブ鶏のソテー
 夕食はサンマの生姜煮  菜っ葉飯、肉団子のスープ  マユさんから花の差入れ
給食条例提訴
9日ドギョユックチォングの前でムンヨングズ教育監糾弾大会
       
崔麟記者chin58@cbs.co.kr  2004-01-09 16:35:49

9日午後ドギョユックチォングの前で開かれた糾弾大会
全羅北道教育庁が地域農産物を学校給食に利用するようにしなさいという国務調整室の指針を公開しないで,全羅北道で生産される農産物を学校給食に使うようにたいてい'全羅北道学校給食條例'を最高裁判所に提訴したことで現われた.提訴背景に疑惑が大きくなっている。

全羅北道学校給食條例を提訴した背景に対して疑惑を投げている。学校給食に利権を持っている外部勢力の圧力が作用したことと見ているのだ

今日の教育監糾弾大会に参加した市民社会団体は明日からドギョユックチォングの前で1人継走デモをする計画で持続的に抗議集会を持つという計画だ  2004/01/09

1月10日(土) 日誌
昼食は厚揚げの2色のせ、ひじきご飯  久々に缶バッチマシーン登場。イラク派兵反対バッチを作りました
 新亀さんが機会のメンテナンス  京都・ロシナンテ社の四方さん登場。
草の根の市民・住民運動の交流誌
『月刊むすぶ』を発行。
 飯田母、豆の炊いたん
 夕食は味噌ラーメン  高菜チャーハン 四色シューマイ
 新CD完成させたアリちゃん   ウィークエンドなので娯楽を知らない
洋平君&タカちゃんコンビでゲームセン
ターに行くが洋平君には難しすぎたので
パチンコ屋へ
『壊せ! こんな国は。』
『愛国心なんて…』
『私たちが望むもの…イラクに自衛隊が行かないこと』
3曲 1000円
 詳しくは、ここです
統合失調症とともに(10) 森実恵(寄稿連載) 2003/11/29 大阪読売朝刊・健康&医療面

 ◆つらさ知って 薬の副作用
 私は現在、就寝前にベゲタミンBを一錠だけ飲んでいます。この薬は色々な成分を混ぜた合剤です。主に統合失調症に効くメジャートランキライザー(抗精神病薬)とその副作用止め、さらに睡眠剤が含まれています。

 一日一錠というのは精神科の患者が飲む薬の量としてはたいへん少ないのですが、この薬は睡眠剤の成分に依存性があるそうで、いったん飲み出すとやめにくいのが難点です。私も二、三回、旅行先へ持って行くのを忘れ、苦しい思いをしました。眠れないだけでなく、呼吸が苦しく気分も悪くなり、慌てて薬を取りに自宅へ帰りました。

 症状が重かった時期には薬の種類も量もずっと多く、一日三回、合計二十錠近く飲んでいました。幻聴や妄想を抑える抗精神病薬のセレネースやリスパダール、それらの副作用で手が震えたり、ろれつが回らなくなったりするのを抑えるアキネトン、睡眠導入剤のロヒプノールなどです。

 これらの薬を大量に処方されると、様々な副作用が出ることがあります。たとえばアカシジアは、一時もじっとしていられなくなる症状です。重症の人は、バスの中でさえ足踏みをしたり歩き回ったりし続け、三時間の睡眠以外、ずっと動き回ってくたくたになったと聞きました。

 私も入院中、安静にしているのが苦痛で、閉鎖病棟の百メートルほどの廊下を一日何十回も往復していました。オリに入れられた動物と一緒で、外へ出られないことの心理的な影響もあったかも知れません。

 ジストニアといって、首が一方向に曲がったり、目がつり上がったりする症状が表れることもあります。入院中、ある患者さんは首が九十度、後ろへ曲がり、いつも重い頭を両手で支えながら不自由そうに過ごしておられました。

 目つきや唇の形がゆがんで形相が変わってしまい、本来の美貌(びぼう)が台無しになって、気の毒な女性の患者もおられました。
 私は幸い、大きな副作用が出たことはありませんが、二十錠近く飲んでいた時は体が非常にしんどく、和式トイレでしゃがんでも力が入らず、便器に腰がすっぽり落ちてしまったこともありました(運良く、用を足す前でした)。

 ほかにも食べ物がうまくかめない、歯磨きができない、手が震えて汚い字しか書けない、舌足らずで子どものようなしゃべり方になるなど、日常生活に不便な副作用を多々体験しました。現在も口の渇きや目のかすみなどが慢性症状としてあり、ペットボトルと目薬は手放せません。

 日本の精神科の病院では今でもたくさんの種類の薬を大量に出す傾向が強いようです。患者は見かけや話し方が妙なこともありますが、病気の症状だけでなく、薬の副作用で思うようにならない場合も多いのです。そういうつらさも知ってほしいものです。 (薬はいずれも商品名)
 
 〈pp(ピアニッシモ)〉
 人生にf(フォルテ)やmf(メゾフォルテ)、p(ピアノ)があるとしたら/私達(たち)の生はppかもしれない/今にも消えそうなろうそくを/風の当たらぬ場所に置いて/何とか守り抜こうとしている/私達は短時間しか働けない/そのくせ睡眠時間は人並みはずれて長い/そうやって生と死の境目あたりにいるのだけれど/すべての楽曲がfであれば/何の面白味もないように/pで弾くと/美しさや優しさ、悲しさが醸し出される 
IP_LOGO
2003年12月30日(火)
精神薬の一部、過剰投与 ほとんどの患者に副作用
 精神障害の治療薬の一部で標準的な使い方とされている量は、脳内で効くのに必要な量の十倍に上る過剰投与となっていることが、放射線医学総合研究所の須原哲也室長らの研究で30日までに分かった。ほとんどの患者に副作用が出る投与量だという。
 須原室長は「科学的証拠からではなく経験的に使用量が決められている薬があり、見直しが必要だ」と指摘している。
 同室長らは、神経伝達物質のドーパミンを受け取る受容体タンパク質に結合し、脳内でのドーパミンの作用を遮断する薬をボランティアの医師らに投与した。この薬は鎮静作用がある半面、体が硬直したり、じっと座っていられなくなったりする副作用がある。
 陽電子断層撮影装置(PET)を使い、大脳皮質で薬が受容体をふさぐ割合(占有率)を調べた。70−80%だと、ちょうどよい効き目が得られるが、標準的な使用量とされる量の十分の一を投与しただけで、それ以上使うと副作用が出やすいとされる80%を超える占有率に達した。
有我@看護師です。

皆さんのおしゃる通り、当事者家族が正しい知識をもって適切な治療を受ける権利を主張すること、疑問を表明すること
納得がゆく説明と治療を求めるはとても重要なことだと思います。(当然すぎて恐縮ですが)納得が行くまで、治療内容に説明を求めてください。皆さんの立場から、どんどん訴えてください。この努力は必ず、医療現場を変えていくことにつながると思います。また、当事者家族の動きなくしては実現できないと思います。

実際の場面では、その訴えは主治医に限らず、看護師・ケースワーカー、受け付けの事務誰にでもいいです、言ってみてください。処方は医師が行いますが、当事者家族の訴えは医療従事者は無視できないし、対応したいと思っているものです。チーム医療の考え方には、本来当事者・家族を含んでいます。医療従事者の中には処方などの医療内容に疑問を持っている場合があります。主治医があまり理解を示さないなら、声をかけやすい他の医師に話してみるのもいいかもしれません。こうした動きが、医師間や他職種の連携を促す方向をつくるでしょう。

医療労働者は、医師や経営者のいいなりで満足してはいないものです自分の提供する医療サービスに自信と誇りを持ちたいと思っています。医療従事者を仲間につけていきましょう。

共同通信の記事は実際の大手新聞には掲載されていないようでとても残念です。全国精労協で各病院へ流すようにします。

私は医療労働者の立場と責任から、当事者家族とともに安心してかかれる医療現場へと変えていくように、仲間と現場に働き掛けていきたいと思います。

   *********************************
    有我 譲慶(ありがじょうけい)
    mailto:zappa@venus.sannet.ne.jp
     全国精労協のホームページ
     http://www.seirokyo.com/
八尋です。
明けましておめでとうございます。
弁護士らしく、最高裁判所の判決(平14・11・8)の紹介です。ご参考までに。
精神病院に入院中に治療のため複数の向精神薬(フェノバ−ル、テグレト−ル)の投与を受けた患者がこれらの薬剤の副作用によってスチィ−ブンス・ジョンソン症候群を発症し失明した事例について賠償請求を認めた。

いわく、「精神科医は、向精神薬を治療に用いる場合において、その使用する向精神薬の副作用については、常にこれを念頭において治療に当たるべきであり、向精神薬の副作用についての医療上の知見については、その最新の添付文書を確認し、必要に応じて文献を参照するなど、当該医師の置かれた状況の下で可能な限りの最新情報を収集する義務がある。本件薬剤を治療に用いる精神科医は、本件薬剤が本件添付文書に記載された本件症候群の副作用を有することや、本件症候群の症状、原因等を認識していなければならなかったものというべきである。」

まあ、あたりまえといえばあたりまえですが。

1月9日(金) 日誌
 昼食はロールキャベツとサンドイッチ  夕食はタラのソテー  熱々の豚汁
1月8日(木) 辺野古から緊急のお知らせ!!!     沖縄・名護「ジュゴンの家」日誌より転載
今朝、辺野古にいる晋くんから緊急の電話が入りました。晋くんからさらにメールで届いた情報を、順次載せています
辺野古からの緊急連絡。命を守る会 富田晋。
午前11時30分に海上の方で作業用の船を確認しました。
望遠鏡で確認をすると、クレーンが後部についており、腹の部分に2つ程のやぐらを確認、その奥に深海に使うやぐら(筒状のやぐら)も確認。明らかにボーリング調査用の調査船である。
その後、問いあわせをしました。
タイムス、新報の方にはまったくこの事に対しての情報はなし。
名護市議会も情報なし。
どちらも行政機関への確認を急いでいます。

注意・・今はまだ県の方がボーリング調査に対して許可を出しておりません。ですので、作業をするために来たのではないと思われます。確認を急いでいます。

また何か分かり次第連絡致します。
(PM12:29)
辺野古から連絡。富田晋。

12時00分の船の状況。辺野古の海上沖合5キロ〜10キロ(はっきりしませんが)リーフの外側で停泊している、いかりをおろしている模様。
船自体が左右に揺れているので打っているとは考えられない。作業船をひっぱる船を1隻確認。
(PM12:35)
辺野古からの連絡。富田晋。
新報記者が那覇防衛施設局に問いあわせたところ、「今日は日程としては何も入っていない」との解答があったとの事。
(PM13:02)
辺野古から富田晋より。

しばらく忙しく連絡が遅れました。何通かメールをいただいたのにすみません。その後の状況です。
1時30分〜2時00分の間に作業船と思われる船は海上から姿を消しました。どっちの方角に、どこに行ったのかは分かりません。
情報提供があって確認を急いでいますが、信用出来る人からです。「基地建設のためのボーリング調査船ではなく、沖合のパヤオ(漁業するためのポイント)づくりをするための作業船かもしれない。」とありました。
ただ、「デモンストレーションのためではないのか。」という話もあります。
まだはっきりと分かりません。
また連絡を入れます。はっきりとせず申し訳ありません。
(PM16:22)

1月8日(木) 日誌
 「街」のお客さんが正月にもらった年賀状を見せにきました。
 水曜日は「ウィズ」のパンをとってるが休みなので、昼食はカップ麺。たまにだと美味しい !(^^)!
 今年もボランティアのチーちゃん、
田中さんは元気です
夕食はアンコウ鍋
 変身するタカちゃん  ケイコさん、年末「街」で買った毛糸で
マフラーを編んできました。300円也
 ケイコさんからパプリカの差入れ。
下の新聞は昨日手に入れた英国の
Socialist Workers Party
 「リサイクルショップ・すぎなみ」を
終えて「街」で遅い食事を取るチュー
やん、ジン君
ソウル大が願えばソウル大に行きなさい!
ソウル大教授60人の核廃棄場誘致署名運動に対して
崔麟記者chin58@cbs.co.kr  2004-01-07 15:01:15

ソウル大に核廃棄場を誘致しようというソウル大教授たちの提案を歓迎する。政府としても本当に嬉しいことに違いないだろう。奮って誘致しようとする「所」が生じたからだ。それも核廃棄場の安全性を保障することができる優秀な科学者たちが国立大学であるソウル大に誘致しようと出たことはまことに歓迎するに値する。.

前にも核廃棄場がそのように安全だったら、先に産業資源部前庭に施設しなさいという話も出たりした。ところで産業資源部前庭はちょっと狭いようか産業資源部ではそうしようという話が出なかった。

扶安住民たちが闇雲に核廃棄場施設誘致に反対するのではない。国策事業18年漂流の責任を扶安住民に押し付けるな、ということなのだ。扶安軍需は、扶安郡議会の議決も無視したまま、核廃棄場施設の誘致を宣言した。住民投票はすぐそのような矛盾を直すために対策だ…ところで政府は今住民投票に対して黙黙無答だ。

だからとソウル大に行かなければならない。.住民投票法が用意されなくて、今投票ができなければ誘致を願うソウル大に一日も早く移して国策事業が18年を過ぎて19年以上漂流する事がないようにしなければならないでしょう。2004/01/07
「ソウル大に原発センターを」教授63人が署名  中央日報
  ソウル大教授らが、扶安(プアン)事態で行き先を失った放射性廃棄物管理施設を、ソウル大敷地内の冠岳山(クァンアクサン)に誘致することを提案した。

  核物理学分野の国際的権威者である原子核工学科の姜昌淳(カン・チャンスン)教授や牛クローンで有名な獣医学科の黄禹錫(ファン・ウソック)教授など7人は、7日の記者会見で「これ以上の国力浪費を防ぎ、原子力の安全性を示すため、ソウル大が率先していくべきだ」と述べ、このように提案した。

  教授らは「扶安事態を見守りながら、学者的良心から問題解決に乗り出した」とし「原発センター誘致が住民の安全に問題がないという科学的確信を基礎に、ソウル大がこの施設を誘致する案を検討してほしいと総長に建議する」と明らかにした。

  国内最高の知性との評価を受けるソウル大教授らが、団体で原発センター誘致を提案したことで、今後、この問題に関する学内外の意見聴取など、実現の可能性をめぐる論議が予想される。

  カン・チャンスン教授は「岩盤が多い冠岳山で、中低水準放射性廃棄物を『洞窟処分』方式で深く埋めれば安全」と述べた。 また原発センター誘致提案署名には、この日参加した教授7人のほか、63人が賛同した。

  ソウル大本部は、教授らの提案について「大学レベルではいかなる立場整理もされていないが、名望家らが国を思う気持ちで建議しただけに、ひとまず受け付けた」と明らかにした。 

イム・ミジン記者mailto:limmijin@joongang.co.kr2004.01.07 18:59


1月@へ 1月Bへ


日誌の頁へ
inserted by FC2 system